第17回秋季展WEB2020

相楽 典泰

sagara.jpg

黄葉の銀杏並木

 水彩 B2  540×760

 東急東横線の田園調布駅の西側一帯は,大正時代の田園都市構想に基づき計画された東京では比較的珍しい住宅街です。駅から放射状に延びる街路には,銀杏の大木が並んでいて,街の歴史を感じます。11月下旬から12月上旬に葉が黄変しますが,年によりその時期が変化します。何度か訪れたのですが見ごろに出会うのに3回かかりました。ほど好い陽射しに映える銀杏が魅力的でした。